以後の新規融資が利用できなくなってしまいます

ブラックリストに入ると、以後の新規融資が利用できなくなってしまいます。にもかかわらず、ブラックリストに入っていても融資ができますという広告文章が時々あります。お金を必要としているけれど、ブラックリストに入っていて融資に断られ続けているという人は、ついその広告を真に受けてしまうことがあります。ですが、これはヤミ金融の魔の手が迫っていることと、大差ありません。金策に行き詰まっている人の困窮度合いに目をつけて、利息や手数料をつけたお金を、半ば強引に貸し付けてきます。返済時には、非合法すれすれのことまでやってきます。弁護士とつながっているヤミ金業者もあり、様々なやり口が横行しているといいます。一般的に、ブラックリストに入った人でも融資可能な金融機関はまず存在しません。それでも、ブラックリストでも構わず融資をするという金融会社があれば、その理由を確認することです。金融会社によっては、ブラックリストの名前を消せる、という表現をしてくるところがあります。ブラックリストの名前は、決まった期間が経過すればなくなるもので、あえて何かすることはありません。形としてのブラックリストは存在していないため、書いたり消したりはできません。耳よりな言葉にその気になっていると、新たな融資を背負わされて、苦労することになるでしょう。ブラックリストに名前が入っているということは、何らかの返済トラブルを起こしているのですから、同じ轍は踏まないようにしてください。ブラックリストに載っている時は、業者に騙されやすい環境と精神状態になっていることを自覚し、融資などには十分に用心してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ