ほとんどの人が栄養補助食品と聞いて想像する

ほとんどの人が栄養補助食品と聞いて想像するのは、カプセル状か錠剤のものかもしれません。ほとんどが錠剤やカプセル状の栄養補助食品だというのも事実です。さらに今はスプレータイプやドリンクタイプのものもあるようです。錠剤は、栄養補助食品の有効成分を圧縮成形などの方法によって固形の錠剤にしておる、大きさは様々です。小さい錠剤ほど飲みやすいですが、一粒当たりに含まれる成分量が少なくなります。保存性が高く、持ち運ぶのがラクだというのがメリットです。栄養補助食品をゼラチン等を使ってカプセルに封入するタイプが、錠剤の次にたくさん販売されています。形がカプセル剤の場合大きくなることがよくあり、中身は液状や粉末状のものが多いですが、なかなか飲むこめないと思う人もいるようです。カプセルには硬カプセルと軟カプセルがあり、使い分けは中に入れる成分によってされています。散剤と呼ばれる粉タイプの栄養補助食品は、錠剤に比較して吸収が早く、摂取量を調整できるという利点があります。粉のタイプは味や風味があって苦手という人もいれば、錠剤より飲みやすいので好む人もいます。扱いやすいことは、長い期間継続するうえで重要なことではないでしょうか。どのような形態の栄養補助食品でも良いのですが、毎日利用するときに扱いやすく飲みやすいものを選ぶようにしたほうが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ